LPガス料金が高いLPガス

プロパンガス業者ランキング

選ばれるLPガス屋とは

プロパンガス契約時のポイント

悪徳ガス切替ブローカーのサイト

 

プロパンガス価格情報

今月のガス料金と過去の料金改定

全国のガス料金一覧(都道府県別ガス料金)

LPガス供給業者を選ぶテクニック(比較)と料金が高いプロパンガス屋の日本瓦斯(ニチガス)

LPガス事業者(プロパンガス屋)選ぶコツ、業者乗り換え時のポイントと比較

LPガス会社を選ぶ際の注意すべきポイントを紹介いたします。
プロパンガスの新規の契約・業者変更時(乗り換え時)に参考にしてください。

プロパンガス業者選びのコツガス料金を公開している会社

ガス料金表をオープンに公表しているプロパンガス会社は極めて少ないのが 現状です。
都市ガスと同様、HPや店頭でガス料金表を公開しているガス屋を選びましょう!

LPガス事業者選びのポイント

プロパンガス価格は地域・業者・時期等により大きな違いがあります。
地域によっては一般的な都市ガスの1.5〜2倍ほどのガス代がかかるケースもあります。
当サイトを参考にして、安いガス料金(適正なガス料金)を提供するガス屋を選びましょう!

LPガス料金を契約する際の注意点、ガス料金の料金改定方法(値上げ・値下げルール)

一般にLPガス会社の料金改定方法は極めて不透明・不明瞭です。
都市ガスの料金改定と同様、原料費調整制度などのルール(基準)基いた料金改定を 実施しているガス会社を選びましょう!
「原料費調整制度」による料金改定を採用している会社は、ガス代の不当値上げなどありません。

プロパンガス業者選びのコツ(契約条件を事前に書面で提示する会社)

契約前に、契約期間・設備の所有権・貸与設備の金額・貸与設備の償却方法・解約時の 違約金(中途解約金)などの契約条件を書面で提示するガス会社を選びましょう!

ガス屋の選択方法(事故がなく安定的に供給できる会社)

プロパンガスの安全・保安・供給体制がしっかりとした会社を選びましょう!
ガス切れ、設備の不具合(期限切れ)のあるガス屋は論外です。

サービス対応が良いLPガス会社会社

24時間対応の緊急時体制はもちろん、ガス器具に関するメンテナンスや アドバイスにも 積極的に取組んでいる会社

実際にガスを供給している会社

インターネットや訪問勧誘で安いガス事業者を紹介するだけの会社も多数あります。
なかには悪質な紹介業者(ブローカー)によりトラブルに巻き込まれた例もあります。
プロパンガスの契約は、実際にガスを供給しているガス会社と契約することが安全です。
悪質な勧誘・紹介業者にご注意下さい。

ガス料金が安すぎる会社は注意が必要、ガス料金を十分に比較検討しましょう

新規の勧誘で、「従量料金280円/m3、ずっとこの料金は変わりません」という会社は注意が必要です。
1立方メートルあたりの単価が300円を切る260円や280円という価格は、原価割れの可能性があります。 既存業者から切り替えさせるためだけに提示している見せかけのキャンペーン価格(売込価格) の可能性があります。
最初だけ安くて、数カ月後から、じりじりと値段が上がり、 半年〜1年経過後には以前の価格より高くなってしまっているということがよくあります。
ガス料金が非常に安すぎる会社には注意が必要です。適正価格で契約しましょう!

ガス会社の会社の規模を確認

LPガス事業者は全国に約2万数千社あり、会社の規模(従業員数)も数人〜数百人と大きな違いが あります。
特に、規模の大小が良い悪い意味する訳ではありません。
地域の評判口コミなどを参考に、良い業者かどうかご自身で見極めてください。
ただし、規模が大きいガス会社方が、夜間の緊急時対応など非常時の対応がとりやすい場合もあります。

プロパンガス評判の悪い会社は注意

インターネットの掲示板や口コミ等で悪い評判が多い会社は注意しましょう!
記載された内容の信ぴょう性、正確性の確認には難しいものがありますが、 何らかの問題を抱えているケースが多く、契約後にトラブルに巻き込まるれる可能性があります。 地域の評判、口コミ情報には十分に注意しましょう!

footerサイトマップ   利用規約   リンクポリシー空白Copyright(C)2010 e-gasnet.com. All Rights Reserved