プロパンガス価格情報

最新のLPガス料金情報

LPガスのCP価格

LPガスの円建てCP価格

プロパン為替レート

LPガスの業界ニュース

LPGマーケット情報

最新のLPガスCP速報値と円建てCP価格とプロパン・マーケット情報

2016年1月 現在

 
CP価格
為替レート(TTS)
円建CP価格
eガス料金
当月
345ドル/t
122.85円
56,511円/t
390円
前月
460ドル/t
123.58円
48,814円/t
372円
5年間平均値
682ドル/t
97.51円
65,819円/t
396円
5年間平均値との比較
50%
125%
85%
98%
価格判定
割安
割高
割安
適正

※5年間平均値は、2007年1月〜2011年12月まで(60ヶ月)の平均値といたします。
※為替レート(TTS)は、三菱東京UFJ銀行発表の月中平均(当サイトでは前月値)といたします。
※5年間平均値との比較は、「当月価格/5年間平均値」により算出いたします。

LPGのCP速報と現在のプロパンガス料金の割高割安水準

CP価格とは

CP(コントラクト・プライス)とは、LPガスの最大の輸出国であるサウジアラビアが 1994年10月から導入した、輸入国の取引先と交わす契約価格のことをいいます。 サウジアラビアの国営企業であるサウジアラムコが決定し、取引先に通告する制度になっています。 LPガス最大の輸出国であるサウジアラビアが決定したCPは、世界のLPガス輸出価格のベースとなります。 我が国のLPガス輸入価格はこの通告価格(CP価格)に大きく影響を受けます。
単位は、1tあたりドル表示の価格となります。
近年、CP価格は乱高下を繰り返し、非常に不安定な価格形成となっています。

為替レートTTSとは

LPガスを輸入する際の計算に用いる対米ドル為替レートは、 一般的にTTS(Telegraphic Transfer Selling rate, 対顧客電信売=外貨購入・預入レート)相場を用います。 「eガス料金ドットコム」は、三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売相場(TTS)の月中平均を採用しています。
現在の円ドル為替相場は、歴史的な円高水準であり、石油製品等の輸入商品については、たいへん優位な状況となります。

円建てのプロパンCP価格

円建てCP価格とは、LPガス産油国の輸出する時点の原料価格を円建てで表示した価格です。 LPガス輸出価格(CP)と為替レート(TTS)という外部要因によって変動しています。 計算方式は、円建てCP価格=CP価格×為替レート(TTS)となります。 単位は、LPガス1tあたりの円表示となります。
なお、当サイトで掲載する円建てCP価格は、前月CP価格、前月為替レートを採用して、 価格を算出いたしております。

この円建てCP価格に輸入経費、販売経費、業者利益等を加算したものが、小売り価格となります。
一般的に「円建てCP価格」の変動幅が小売り価格の料金改定にに大きな影響をあたえます。

LPG業界ニュース

当サイトでは、LPガスの料金水準を比較する指標として、「円建てCP価格」を採用いたします。 現在のLPガス料金水準がどの程度の水準(割安、割高)かを判断する方法の一つは、
時系列で過去の料金と比較することです。

「いいガス料金ドットコム」では、過去5年間の円建てCP価格平均値を基準値と定め、 現在の価格がどの程度の水準にあたるか、わかりやすく表示いたします。

近隣ガス販売店とのガス料金の比較も重要ですが、 毎月の「円建てCP価格」から輸入価格を把握し、 ガス料金をを理論的に理解することも大切です。

footerサイトマップ   利用規約   リンクポリシー空白Copyright(C)2010 e-gasnet.com. All Rights Reserved