プロパンガス料金比較

プロパンガス業界には以前から「無償配管」という悪い商慣習があります。 いわゆるLPガス設備を「無償」でガス会社が消費者に提供するかわりに、その供給権を得るというものです。 一方、LPガス解約時に、ガス設備の所有権を巡って、紛争が多く発生し、大きな社会問題となっています。 そこで、現在は、「14条書面交付」の義務化され、ガス開栓時にあらかじめ設備の所有を明確にすること が求めらています。ただし、この設備の所有権については、依然として所有区分があいまいなガス事業者も多く、 十分な理解が必要とされています。
本サイトでは、設備の所有権を明確にし、本来の基本料金の内訳に含まれるべき内容をわかりやすく説明します。

LPガスの所有区分(ガス供給設備とガス消費設備の区分)

一般的に、供給設備はガス事業者の所有、消費設備は消費者の所有と分類されます。

プロパンガスの設備の所有区分を明確にする

※消費設備の一部である「屋内のガス配管」の所有権(ガス配管の費用負担)が非常にあいまいな場合が多く、
ガス事業者と消費者との間で、トラブルが多数発生しています。契約時には所有権を明確にすることが大切です。

供給設備
・LPガス容器からガスメータ出口までの設備(供給機器と屋外のガス配管)
※供給設備は、基本的にLPガス販売事業者が設備を所有し、消費者に設備を貸与している
※消費者が買い取りを希望するときは消費者の所有とするこもできる
消費設備
・ガスメータの出口からガス器具までの設備(ガス機器と屋内のガス配管)
※消費設備は、消費者が所有するものと LPガス販売事業者が所有し消費者に貸与するものがある
※一般的に、ガスコンロ、給湯器などの消費設備(ガス機器)は、消費者が所有
※一般的に、屋内のガス配管は、ガス事業者が所有(無償配管)し、消費者に貸与する

基本料金に含まれる設備の所有区分

一般的な、供給設備(設備とガス配管),消費設備(設備とガス配管)の所有区分をわかりやすく分類

区分 明細 所有者
供給設備
供給設備(ガスメーター、ボンベなど) ガス事業者
屋外のガス配管(工事費含む) ガス事業者
消費設備
ガス機器(ガステーブル、ガス給湯器など) ガス事業者
消費者
屋内のガス配管(工事費含む) ガス事業者
消費者

※上記の表の色を付けた所有区分が一般的に多い事例となります。

所有区分による基本料金プランの比較
区分 明細 無償配管プラン 買取プラン 給湯器無料プラン
供給設備
供給設備(ボンベ、メーター等)
ガス事業者
ガス事業者
ガス事業者
屋外のガス配管(工事費含む)
ガス事業者
ガス事業者
ガス事業者
消費設備
消費設備(ガステーブル、給湯器等)
消費者
消費者
ガス事業者
屋内のガス配管(工事費含む)
ガス事業者
消費者
ガス事業者

ガス事業者の設備(費用負担)が大きいほど、基本料金は高く設定されます。
一般的に消費設備は、ガス機器等の設備と工事費用を別々に区分せず、消費設備一式とまとめて考えられていますが、 本来2つを分けて考える必要があります。

プロパンガスの無償配管プラン

消費設備(ガステーブル、給湯器など)以外を、ガス事業者がすべて負担する場合

プロパンガス業界の「無償配管」の典型的な例です。 いわゆるLPガス配管設備を「無償」でガス会社が消費者に提供するかわりに、その供給権を得るというものです。 供給設備(屋外ガス配管含む)は当然として、屋内のガス配管費用までガス事業者が所有する場合です。 屋内のガス配管工事費用もガス販売店が負担している分、基本料金は高めに設定されています。


買取プランによる基本料金

・消費設備および屋内のガス配管費用を、消費者ががすべて負担する場合

・無償配管プランであったけど、契約後10年以上が経過している場合

新築時に屋内のガス配管工事費用を消費者が負担した場合がこのプランとなります。
また、ガス事業者の無償配管の場合でもガス供給開始後、10年以上が経過し、設備の償却を終えている場合は、このプランが適用可能です。 ガス事業者の費用負担が少なく(設備の償却済み)、当然、基本料金は安く設定すべきですが・・・
正直、ここまで考えて、割安なガス料金体系を設定しているプロパンガス事業者は、ほんの僅かです。
「いいガス料金ドットコム」は、上記のケースに該当する消費者向けに、eガス基本料金の1つとして、基本料金の「買取・償却プラン」を提唱いたします。

賃貸アパートでガス給湯器を無料にする基本料金

・賃貸物件で、ガス給湯器を、ガス事業者がすべて負担する場合

アパートやマンションに入居されている方のLPガス料金は 一般家庭に比べて更に高価な料金体系が設定されています。 その理由は、 「最初のガス配管などの設備工事費用を無料する」という「無償配管」の 延長で行われている集合住宅の「ガス給湯器の無償貸与」です。 本来、アパートオーナーが負担すべきガス給湯器の設置費用等を ガス事業者がすべて費用負担する。その見返りとして ガス事業者は、長期的なガスの供給権を獲得するという仕組みです。 費用を負担したガス事業者は、 最終的には、入居者のガス料金に上乗せされて長期的に費用を回収していきます。 一番損をするのは、入居者です・・・ アパートの入居者から、 「プロパンガス料金は、高すぎる!」とクレームが出ることはしばしば。 入居者にガス業者を選ぶ余地はありません。 これだから、LPガスの賃貸物件はを敬遠されてしまいます。

footerサイトマップ   利用規約   リンクポリシー空白Copyright(C)2010 e-gasnet.com. All Rights Reserved